Keep the Red Flag

♪The banner bright, the symbol plain, Of human right and human gain.
by peoples-flag
カテゴリ
全体
■Keep9 憲法9条を守ろう
■日々雑感
■俺的ジャーナリズム
■時事
|-- ハンセン病訴訟
■韓国情報
■ことば
■本棚
■About this blog
|-- お知らせ
■Stop the KOIZUMI
以前の記事
検索
LINKs





 9条改憲反対ブロガーの拠点!


お陽さまの下に集おう!
TBセンター「Under the SUN」

社会は総力をあげて、子どもたちを守れ

 またもや事件は起こってしまった。もはや、子どもたちにとって安全な場所などないのだろうか。家庭でも、学校でも、通学路でも、塾でも子どもたちの命が脅かされている。この国は、いつからこんな社会になってしまったんだろうか。
 おそらく、保守派の人からは「もっと警備を強化しろ」と言う意見があがるだろう。いまや、子どもたちがGPS携帯を持ち、スクールバスで通学し、学校ではガードマンと監視カメラが警備する時代だ。だが、それでもまだ足りない。監視カメラは多少の抑制効果はあるだろうが、いざというときには守ってくれないのだ。

 学校の先生は、往々にして多忙で、何かと会議や報告書類の作成、研修などで、時間を費やされる。それは必要なことかもしれないけど、グラウンドで遊ぶ子どもたちを常時見守れるような体制にはなっていないだろう。ちなみに僕の通ってた小学校は、マンモス校で、グラウンド、中庭が全部で三つあった。グラウンドに行くには陸橋を渡らなければならないのだが、一番、遠い教室からグラウンドまでは、ダッシュしても、優に10分(子どもの足で)は、かかった。僕のときは40歳以下の先生はけっこういたが、今はほとんど60代だと聞いている。
 子どもは外で遊ぶだろうし、塾にも通う。道中もけして安全とはいえないだろう。そしてその先も。
 一方で、「社会のゆがみ」を指摘する声もあるだろう。これは、確かにあると思うが、あまりにも範囲が広すぎる。そして、それを直すにはどうすればいいのか、いま一つ、具体的なイメージがわからない。僕には子どもはいないが、子どもをもつ親御さんにとっては、毎日が不安だろう。明日、自分の子どもが事件に巻き込まれるかもしれないのだ。

 子どもたちを守るのは、僕たちオトナ社会の責任だ。いますぐ、何とかしなければいけない。昨日から、そんな気持ちにかられている。なんだか、仕事をしていても、そのことばかりが、ぐるぐると頭をめぐっている。
 昨日、僕が家に帰る途中、雪が降っていた。あまり雪が降ることがない東京では、珍しかったのか、僕んちの近くの暗い路地で、小学生くらいの女の子が、空に手を伸ばして、立っていた。一見、ほほえましい光景なのだが、時計をみるととっくに夜の十時を過ぎていた。その子の家の前だったのだろうか、すぐ横の家の扉が開いていたが、親の姿は見えなかった。もしかしたら、家のなかにいたのかもしれないけど、あまりに無用心だろう。
 「こんな時間に外にいちゃ危ないよ」。そう声をかけた僕に、彼女はニコッとほほえんで、家の中に入っていった。こんな時間でなければ、よかったのになぁ、と思った。こんな社会じゃなければよかったのになぁ、と思った。
 子どもたちに、初雪くらい、ゆっくり楽しませてあげられる、そんな社会をつくってあげようじゃないか。

 「国・自治体・地域社会は総力をあげて子どもを守れ」。世相春秋さんのエントリを見て、僕が考えたのは、こんなところだ。
[PR]
by peoples-flag | 2005-12-13 02:34 | ■時事
<< 韓国人ブロガーからの賛同 あぁ、もどかしい >>


最新のトラックバック
テラびしょびしょw
from お・な・に・ぃ
負けても勝ち組w
from ドンパッチ
》インリン・オブ・ジョイ..
from GK68's Redpepper
国民投票法 NO!!! ..
from Keep9
andamento ti..
from andamento tito..
HTMLのセーフカラーとは
from 色見本
blow job milf
from blow job milf
briana loves..
from briana loves j..
la vostra bu..
from la vostra buon..
la mia gatta
from la mia gatta
日本共産党は戦前の歴史を..
from 日本共産党の観察記
教育の危機!教育基本法改..
from 世相春秋
日本はもはや国家の呈をな..
from エクソダス2005《脱米救国..
【AML緊急配信】ついに..
from エクソダス2005《脱米救国..
中国の農業に未来はあるか
from 晴耕雨読
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧