Keep the Red Flag

♪The banner bright, the symbol plain, Of human right and human gain.
by peoples-flag
カテゴリ
全体
■Keep9 憲法9条を守ろう
■日々雑感
■俺的ジャーナリズム
■時事
|-- ハンセン病訴訟
■韓国情報
■ことば
■本棚
■About this blog
|-- お知らせ
■Stop the KOIZUMI
以前の記事
検索
LINKs





 9条改憲反対ブロガーの拠点!


お陽さまの下に集おう!
TBセンター「Under the SUN」

女性専用住宅に住む恋人の部屋に行けるか?

 こんな話題ばかりで恐縮ですが、一応、あ法学部出身なので、気になりだすと気になってしょうがないんです。
 こないだのエントリでも想定されるケースを書きましたが、立川ビラ事件高裁判決で、「刑法130条前段にいう『侵入』とは、他人の看守する邸宅、建造物等に、管理権者の意思に反して立ち入ることをいうと解すべき」と判断した部分は、あまりにもずさんな判断なような気がします。
 この判断を援用すると、次のような事例にも住居侵入が成立しうることになってしまう。


 A男の恋人B子は、女性専用アパートに住んでいる。A男は、B子のアパートが女性専用アパートであることを承知のうえでB子の求めに応じ、B子の部屋に立ち入った。
管理会社CとB子の契約書には、施設の保守・管理以外の男性の立ち入りを認めない旨の特約があった。

 この女性専用アパートは、管理会社Cが実質的に管理する共同住宅であり、刑法130条のいう「人の看守する住宅」である。刑法130条前段にいう「侵入」とは、他人の看守する邸宅、建造物等に、管理権者の意思に反して立ち入ることをいうと解すべきである。
 管理会社Cは、男性の立ち入りを認めないという意思を、B子と交わした契約書のなかで明確に示している。よって、A男の立ち入り行為は、「他人の看取する住宅」に、「管理権者の意思に反し」た立ち入り=「侵入」であることは言うまでもない。

 A男の立ち入りは、「正当な目的」によるものか。
 恋愛の自由が尊重されるべきものとしても、そのために他人の権利を侵害してよいことにはならない。A男の立ち入りは、住居権者Bの求めに応じたものとはいえ、管理権者Cが「正当な目的」と認めている、「施設の保守・管理」には該当しないものであり、決して「正当」なものと言うことはできない。
 すなわち、いかに二人が愛し合っていたとしても、管理権者の意思に反して、邸宅、建造物等に立ち入ってよいということにはならないのである。A男の立ち入り行為によって、「女性専用アパート」を運営するC社に生じた法益侵害の程度は、極めて軽微なものであったということはできない。
 したがって、住居侵入罪の構成要件に該当するA男の立入り行為が、加罰的違法性を備えていないとの理由により、違法性が阻却されるとはいえない。


 アフォらしいですか?。
 でも高裁判決の論理的帰結は、こうなると思いますよ。
 管理権者の法益侵害と住民の法益侵害を区別してないし、管理権者と住民の意思が対立する場合の判断も示されてませんからね。
[PR]
by peoples-flag | 2005-12-20 23:29 | ■日々雑感
<< 謹賀新年 今年もよろしくお願いします 求む! 法律家。 ケース・スタディ >>


最新のトラックバック
テラびしょびしょw
from お・な・に・ぃ
負けても勝ち組w
from ドンパッチ
》インリン・オブ・ジョイ..
from GK68's Redpepper
国民投票法 NO!!! ..
from Keep9
andamento ti..
from andamento tito..
HTMLのセーフカラーとは
from 色見本
blow job milf
from blow job milf
briana loves..
from briana loves j..
la vostra bu..
from la vostra buon..
la mia gatta
from la mia gatta
日本共産党は戦前の歴史を..
from 日本共産党の観察記
教育の危機!教育基本法改..
from 世相春秋
日本はもはや国家の呈をな..
from エクソダス2005《脱米救国..
【AML緊急配信】ついに..
from エクソダス2005《脱米救国..
中国の農業に未来はあるか
from 晴耕雨読
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧